6.野鳥の蜜の吸い方

蜜というと紅茶と合う蜂蜜を思いだします。  
蜂蜜はミツバチにたっぷりとレンゲの蜜を吸わせて造る贅沢な嗜好品です。
そして蜂蜜は私の探鳥地の交野の名産品でもあります。


c0139960_4124021.jpg
レンゲの蜜を吸うミツバチ

 レンゲの蜜だけでなく野鳥たちは梅や桜の蜜も大好物です。
特にメジロは甘いものが好きで梅が咲くと一番でやってきます。
梅の花の咲く方向に体の向きを合わせて、花ビラを落とさずにとても上手に蜜を吸います。
c0139960_4204741.jpg
ウメの蜜を吸うメジロ

メジロに較べて、スズメは嘴が短く、体も小太りで不器用なため蜜だけを吸うことができずに、花ごとパクリと引っこ抜いてから、蜜を食べます。  渡り鳥のニュウナイスズメの大群が通過したあとの桜は花が散る前に皆落とされてしまうほどです。
c0139960_4293450.jpg
サクラの花をくわえたニュウナイスズメ

そしてスズメよりもっとお行儀の悪い蜜の食べ方をするのはヒヨドリです。
庭のツバキのような大きな花も皆落としてしまう嫌われ者です。
c0139960_4344095.jpg
顔に蜜を沢山くっつけたヒヨドリ

君たちは、こんな食べ方まねしたらだめですよ!!
[PR]
by ffsuzuki | 2008-02-16 04:40 | 野鳥の生活
<< 久しぶりの淀川 5.生物を育む干潟 >>