51.桜の花をくわえるスズメ

スズメが桜の花をくわえている姿をよく目にしますし、その姿を撮るのは野鳥カメラマンたちの定番になっているようです。

一見すると、風車で遊ぶ子供のようにも見えますが、野鳥は遊ぶことはなく生活に関係しているはずです。

c0139960_5171781.jpg
桜をくわえるニュウナイスズメ

桜を切り離すときの模様を覗いてみました。
顎(ガク)の内側にタップリある蜜を吸うため、ガクをはがしているところです。
c0139960_5201176.jpg
顎(ガク)をはがすニュウナイスズメ

そのあと顎の付け根部分の花柄を切って、顎を嘴で押しつぶして密を吸っているようです。
くわえた桜の花は後ろの花と較べると顎の部分の蜜が吸われて細くなっています。
c0139960_5243466.jpg
密を吸うニュウナイスズメ

6章の『野鳥の蜜の吸い方』で雀は蜜の部分をパクリと食べるように書きましたが、

1)今回のように花を切断して蜜を吸うケース
2)花を落とさずに子房をつつくだけのケース
3)花を切断して子房ごと食べてしまうケース

の3パターンがあるそうです。
[PR]
by ffsuzuki | 2008-04-08 05:25 | 野鳥の生活
<< 夏鳥 50.ゴジュウカラのエサ投げ >>