<   2008年 03月 ( 38 )   > この月の画像一覧

48.コサギの採餌2

水中で足を振るわせた(パドリング)後は魚が寄ってくるのを確信して静かに待ちます。
c0139960_3383930.jpg

おっ 魚が寄ってきました。
c0139960_339021.jpg

失敗した模様です
c0139960_339216.jpg

すかず狙いの方向をかえます
c0139960_3402153.jpg

今度は魚を捕えました
c0139960_341873.jpg

このあとも2匹魚が寄ってきて、皆捕まえました。
[PR]
by ffsuzuki | 2008-03-31 03:44 | 野鳥の生活

47.コサギの採餌1

コサギが痙攣したように足を震わせて、魚を獲る姿は良く見かけます。
感電したように足を振るわせる動作をパドリングと呼びます。
c0139960_164319.jpg
アシを震わせるコサギ

その足の部分を拡大すると、こんな感じです。
c0139960_1661368.jpg
パドリング中の足

パドリングは振動で驚かせて、出てきた魚を獲る が通説のようですが驚かせると寝屋川の魚は皆逃げて散ってしまいます。

でも今日みたコサギは魚が餌を求めて群れる音をパドリングで醸し出し、後は静かにして餌を求めて自分に近づくコイやフナを3匹も連続で獲りました。
[PR]
by ffsuzuki | 2008-03-30 16:14 | 野鳥の生活

桜だ・・・・・

天気は悪いが来週末までに桜が散ってしまうと大変なので、近所の桜を見てきました。
まだ五部咲きというところでした。
c0139960_1241698.jpg
メジロ

c0139960_1245740.jpg
ヒヨドリ
[PR]
by ffsuzuki | 2008-03-30 12:05 | 探鳥 大阪 寝屋川

オオジュリン

今日は桜を見たかったが、昼から仕事なので軽く淀川を散歩しました。
見た野鳥はメジロの大群、ベニマシコ、オオジュリンなどでした。

オオジュリンはやはりカイガラムシを食べているようでした。
c0139960_9572521.jpg
前から見たオオジュリン
[PR]
by ffsuzuki | 2008-03-29 09:58 | 探鳥 大阪 枚方

46.ミヤコドリの採餌2

二枚貝の調理を得意技とする干潟の料理長ミヤコドリの明細を再取材してきました。

ミヤコドリは二枚貝を自分で調理できないカモメたちから横取りの危険にさらされながら採餌していました。

二枚貝を見つけて、貝殻の隙間に嘴をいれました。  すかさずユリカモメが見つけて追いかけてきます。
c0139960_4514654.jpg
二枚貝を見つけたミヤコドリ

ミヤコドリは逃げながら、二枚貝をこじ開けます。  嘴を二枚貝の隙間に入れて、貝柱を切断して中身を食べます。

c0139960_4521916.jpg
逃げながら貝を調理するミヤコドリ

貝から身だけを取り出したところです。
c0139960_4524775.jpg
貝殻をはずしたミヤコドリ

ユリカモメの追撃をかわし、やっと貝の料理を口にできました。
c0139960_4544671.jpg
カイの身を食べるミヤコドリ

ミヤコドリは横取りしようとするカモメたちを高速でかわしながら、見事に二枚貝を料理しました。
[PR]
by ffsuzuki | 2008-03-28 04:47 | 野鳥の生活

またミヤコドリです

偶然ですが先週行ったミヤコドリのいる海岸付近へ出張になりました。 
今日は仕事のため、小さなレンズをもっていきましたが天気の良い昼間のためか、面白い写真が撮れました。

ミヤコドリも渡り間近のせいか、結構サービスがよくて楽しめました。
c0139960_2312871.jpg

[PR]
by ffsuzuki | 2008-03-27 23:01 | 探鳥 三重

45.ミヤコドリの採餌1

ミヤコドリはアジア大陸から日本の海岸に越冬にくる数少ないチドリ目の仲間です。

特に二枚貝が好物で、英名は Oystercatcherで す。

Oyster は『牡蠣(カキ)』、catcher は『捕らえるもの』

ミヤコドリが少ないのは日本の海岸には天然の牡蠣やアサリ、ハマグリが少なくなっているためでしょう。


c0139960_694910.jpg
二枚貝を安全な場所まで運ぶミヤコドリ
余談ですが、ミヤコドリが多い三重の海岸へ行って写してきました。
干潟が現れる平日の早朝を狙っていきましたが、海草や貝を狙う地元の漁師さんも沢山現れミヤコドリの群れは30分で散ってしまいました。 その後から来た人はがっかりの日となってしまいました。  
[PR]
by ffsuzuki | 2008-03-26 03:44 | 野鳥の生活

44.釣具と野鳥

毎年多くの野鳥が海に放置された釣り用具のために命を落とします。
一羽のウミアイサガ海岸の岸ぎわまできて、さかんに釣具を外そうと潜水を繰り返していました。

c0139960_5464415.jpg
釣具が引っかかったウミアイサ
c0139960_5482697.jpg
潜っても釣具は外れない

安易に釣具を放置しない、釣りしているときに野鳥がかかったら優しく引き上げて釣具を外す等気をつけて欲しいものです。
[PR]
by ffsuzuki | 2008-03-25 05:51 | 野鳥の生活

43.カワウの巣材争い

野鳥の巣の材料は様々で、泥をつかうツバメ、草や葉を使うオオヨシキリやセッカ、そしてカワウは木の枝を使います。

そのカワウが巣の材料選びで喧嘩していました。
c0139960_5383227.jpg

c0139960_5385862.jpg
巣の素材選びで喧嘩する雌のカワウ

その周囲を良く見ると、雄のカワウたちがのんびりとプロレス観戦でもするように、雌の争いをみていました。
c0139960_5424965.jpg
雌の争いを観戦するカワウの雄
[PR]
by ffsuzuki | 2008-03-24 05:43 | 野鳥の生活

治水経由淀川

最近地元へ行ってないので、寝屋川の様子を見てきました。
治水緑地ではヒドリガモの大半はまだ残っており、アメリカヒドリも健在でした。
八坂神社の楠木ではムクドリの巣づくりが早くも始まっていました。  この時期から良く働くムクドリはいい巣を造ることができるでしょう。

そして淀川では、野草が見たくなったので、いつもとコースを変えて、枚方公園から枚方まで散歩しました。   ヒメオドリコソウやオオイヌノフグリが綺麗に咲いていました。

c0139960_16214284.jpg
ツグミとヒメオドリコソウ
[PR]
by ffsuzuki | 2008-03-23 12:54 | 探鳥 大阪 枚方