人気ブログランキング |

35.野鳥は雪が大好き?

野鳥と雪  私が暮らす大阪ではあまり雪が降らない。
でも犬を飼っている方なら周知の事実ですが、動物たちは雪が降ると喜びます。
昨日の早朝 NHKの番組で日高牧場で馬たちも、雪がふるとはしゃいで運動量がとても増えることを、万歩計をつけてデータ化した放映がありました。

野鳥たちも、雪がふると皆さんとおなじで、狂喜乱舞します。
普通おしどりは臆病で、山のかげに隠れています。
でも突然の雪で数分もしないうちに、私の目の前に興奮したオシドリたちが現れました。
c0139960_1255676.jpg
雪で興奮するオシドリ

今年は大阪でも、雪で狂喜する野鳥を沢山観察しました。
近くの公園のユリカモメも、50センチ接近でも逃げません。
c0139960_1294844.jpg
雪だと逃げないユリカモメ

淀川でも、ホオアカを初めイタチまで逃げることを忘れていました。
c0139960_1321520.jpg
雪のホオアカ

野鳥が雪で興奮するのは、猛禽の視界から開放されるためだけでなく、
私たちや犬が雪で喜ぶように、動物本来のDNAを共有しているためだと思ってます。
そのDNAがどうしてできたのか?  雨期と乾季、寒冷化と温暖化の繰り返し・・・地球の体験にも関係しているのでは?と夢を膨らませています。
by ffsuzuki | 2008-03-13 01:37 | 野鳥の生活
<< 36.ひょうきんなホシゴイ 34.ヨシ原の刺客たち >>