人気ブログランキング |

タグ:野鳥の生活 ( 102 ) タグの人気記事

65.カラスの遊び

カラスは頭の良い鳥で生活にゆとりがあるため、衣食住以外の遊びにもかなりの時間を費やせる。
山田池公園では野良猫とカラスが子供のようにジャレて楽しく遊ぶ姿を目にする。

争いでなく遊びのため、他のカラスも加勢はしないし、ネコも楽しそうでした。

でもカラスの方は隠れて撮っている私にも気づいている見たいです。
c0139960_15461486.jpg


c0139960_4561352.jpg

by ffsuzuki | 2009-01-04 15:46 | 野鳥の生活

64.カワアイサの採餌

アイサ(秋沙)は冬にくる嘴が細長く潜水がとても上手な鴨で、ミコアイサ・ウミアイサ・カワアイサなどがあり機敏で清楚な鳥です。 
カワアイサは淀川では11月末紅葉も散り始めた頃、数羽ほどの群れで川沿いに飛んでいるのを目にします。    とても警戒心が強くいつも河幅の広い淀川の中央から対岸側にいるため近くでの観察ができません。 でもこの日は魚が枚方側に多かったのか珍しく枚方側の岸近くに来てカワアイサの漁をじっくり観察できました。

c0139960_7395390.jpg
カワアイサのカップル
手前の胸が白いのがカワアイサのオスで奥がメスです。嘴の先端は雌雄ともクサビのように黒く曲がり淵はギザギザで一旦捕らえた魚は逃げられません。
c0139960_7495143.jpg
鋸状のカワアイサの細長い嘴

漁をするときは雌雄連続して息の合ったダイビングをします。
c0139960_742549.jpg
カワアイサのダイビング
そして水中で魚を追廻して、捕獲して水面に上がってきます。  魚を捕まえて水面に浮上するときはとても猛烈で、水上に仲間がいてもお構いなしに猛スピードで浮上し体を震わせて全力で魚を一気飲みします。のんびりしていると外敵に魚を奪われるのでしょうか?
c0139960_11301399.jpg
水飛沫をあげて浮上したカワアイサ

c0139960_11333480.jpg
大きな口をあけて一気に魚を飲み込むカワアイサ
漁のターゲットは大阪府では危惧が危ぶまれるレッドリストのハスでしょうか?
by ffsuzuki | 2008-12-13 11:34 | 野鳥の生活

63.アカゲラもカラの混群の一員


c0139960_15134053.jpg



白旗池の小屋の前で森を観察していると、珍しくアカゲラが見えた。30m程先の暗い木の下の方にいる。木に垂直に止まってドラミングしたり、何かを捕食したり。  そして木の周りを回ったりしながら、徐々に木のテッペンにゆっくりと近づく。 上まで来ると別の木に飛び移り、木の下から上へと同じ捕食法を繰り返す。アオゲラの行動と良く似ている。

そんなアカゲラを観察しているうちにカラの大混群の中にアカゲラも私も取り囲まれてしまった。  エナガを先頭にメジロ、シジュウカラ、コゲラ・・・・、特にエナガの数が凄い。私のすぐそばにも何十羽というエナガが飛び跳ねまわり木の幹をコツコツ叩きながらでてくる虫を採餌している。   

群れは大きくなると自分が捕食される確立が小さくなるのでとても大胆になる。  するとアカゲラまで先ほどまで繰り返していた木登り型捕食法を止めエナガと同じピョンピョンと飛び回る忍者のような動きに変わった。  あっちへいったりこっちへ来たり、その速度の速いこと

カラの混群の中ではアカゲラも彼らと同じような行動をしていたほうが安全なのでしょう!!  カラの混群に混じって飛び跳ねながら消えてしまいました。
by ffsuzuki | 2008-11-30 15:13 | 野鳥の生活

62.百舌の豪快料理法


モズの大カマキリの調理法は豪快です。
c0139960_11502454.jpg


一旦カマキリの腹に噛みついて重症を与えます。
c0139960_11522152.jpg
c0139960_11523556.jpg


そのあと動きの鈍くなったカマキリを離して上空へ飛び上がり、ホバリングして狙いを定めて再度カマキリに飛び掛り、猛攻撃をして2本の鎌を切り落とします。
c0139960_11551867.jpg

c0139960_11554087.jpg


その後何の心配もなくカマキリを頭から咥えてどこかへ運んでいきます。
安全な場所でゆっくり食べたりハヤニエにしたりするのでしょう。
如何に重症を負わせてもカマキリの鎌は怖いのですね。
c0139960_11573539.jpg

by ffsuzuki | 2008-11-29 11:52 | 野鳥の生活

61.秋の幸

白旗池はこの季節様々な小鳥でにぎやかです。
この時期だけは、どんな野鳥も植物の秋の幸の恩恵にこうむります。

コゲラさんはなんとピンクに染まったマユミの実でした。  
真弓とはオシャレなんですね コゲラさん!!
c0139960_1985943.jpg


シメは緑色のムクノキのボールをムシャムシャ食べてました。
c0139960_19224671.jpg

ムクノキの実は人間がたべてもとても美味しいそうです

メジロの狙いは柿でした
c0139960_1403940.jpg




ほんとうに隣同士の木々なのですが、食べ物争いをしないで賢いですね。
by ffsuzuki | 2008-10-20 17:54 | 野鳥の生活

60.ヤツガシラの羽繕い

どうも昨日嫁はんにヤツガシラとってきた・・と言ったら芋と勘違いされ有難うと言われてしまった。
芋にもおいしいヤツガシラがあるらしい。

鳥のほうのヤツガシラの羽繕いです。

c0139960_15165340.jpg


c0139960_15171844.jpg
c0139960_15175475.jpg


羽をたたむところですが、冠羽もその他の羽と連動して動きます
by ffsuzuki | 2008-08-31 15:17 | 野鳥の生活

59.アオバズクの巣立ち

アオバズクは巣立ちが近くなると、巣穴から盛んに顔をだし周囲の様子を伺うようになります

c0139960_1661898.jpg


アオバズクは5月~6月ごろ東南アジアから飛来して、日本で子育てを行い、10月ごろには雛を連れて南国へ帰る。 
体長30センチ前後で、褐色の羽・白い縦じま模様の腹・黄色く光る大きな目が特徴。 
神社などの大きな木穴に栄巣し「ホッホー、ホッホー」と鳴く。
1.抱卵開始から巣立ちまで  50日~60日
2.抱雛を終えてから巣立ちまで  20日

c0139960_21184394.jpg
アオバヅクの羽
by ffsuzuki | 2008-08-04 21:21 | 野鳥の生活

57.ダイサギの漁

鴨川の夏の風物詩 サギのオイカワ漁を紹介しましょう。
ダイサギが突然川底目掛けて、嘴を槍のように刺しこみました。

c0139960_13253491.jpg
何かを捕まえたダイサギ

この写真をみると良く判るように、嘴でオイカワの背中を刺して捕まえたあと、足で固定して咥えるようですね。
ダイサギは大きな魚は嘴で刺し、小さな魚は嘴で咥えます。



誇らしげに獲物をみせてくれました。  婚姻色に輝く見事な雄のオイカワです。
c0139960_13275488.jpg
オイカワを見せるダイサギ

少しづつオイカワの頭を喉に近づけ、魚の体が嘴と平行になったら一揆のみです。
c0139960_13313926.jpg



ゴックーン
c0139960_13322819.jpg


それにしても贅沢な食事ですね。
by ffsuzuki | 2008-08-04 21:11 | 野鳥の生活

56.バンの手

今日は治水緑地でした。  梅雨の池ではバンの赤ちゃんも堂々と出てきました。
それにしてもバンの赤ちゃん 大きな足以外に小さな手があるのですね
長年見てきたのに、今日はじめて気づきました。

c0139960_15511376.jpg


子供が大きくなったので、両親で家を新築していました。
c0139960_165364.jpg

by ffsuzuki | 2008-06-21 15:27 | 野鳥の生活

55.ムクドリの親子喧嘩

五月末から6月上旬 寝屋川近辺の野鳥たちは、巣立ちでとても賑やかです。
椋鳥も子供を連れて、治水緑地にやってきました。

下の写真は親がいい加減に他の餌場も教えてあげるから、一緒に飛びましょう と巣立ち雛を促しているとこです。

c0139960_15131.jpg


でも若ムクドリが一向に言うこと聞かないので、とうとうお母さん怒ってしまいました。
c0139960_1523586.jpg


このあとお母さんはキレテ、飛び去りましたが若はそれでも知らん顔

どちらが勝ったかは明白ですね。
母親は子供が心配でなりません。
by ffsuzuki | 2008-05-31 15:09 | 野鳥の生活